FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.11
Wed
P2100176.jpg
I Phoneにyahoo地図ダウンロードしました。重たい地図なくても自分の位置がわかります。天気が良いので少しお散歩に行きました。
P2100184.jpg
東京にもあるんです、こんな素敵な田園が。
P2100190.jpg
小野路の谷戸と呼ばれる山と山の間の細い土地を生かした田んぼです。今日は3つ歩いてきました。この蕭々とした景色が春先に芽を吹き出すんだな。


P2100179.jpg
風情があります。ぬかるみもあるので慎重に。春骨折してますから。

P2100173.jpg
どなたか先人が。徒歩なのでこの先も行けますよ。
P2100191.jpg
このお山昇りたいががまん。周りに人いないし。こけたら大変。

P2100189.jpg
アンドリューワイエスが得意そうなススキ。
10984052_795896893823323_7846719665197076664_n.jpg


P2100188.jpg
可愛い。これは桜の木です。春先はさぞかし見事でしょう。
P2100193.jpg
道が二つに別れてます。どっちがいいかな。

P2100172.jpg
寒いけど蕾は確実に膨らんでますね、、、、





上海の展覧会、好評につき、3月7日まで会期延長です。

私の作品はこれどうやって作っているの?素材は何なの?など、問い合わせや興味を持たれるれお客様が多いらしいです。
しかし2点のうち一点が価格交渉ということで、まだどちらも売却には至っていないということ。
現地では私の作品に関する「四角い宝石」という文章も紹介してくださっている模様。


四角い宝石
「浜田澄子の作品は財宝の中の「宝石」だった。
青と緑 の色の世界に迷い込み、その世界へ引き込まれてしまっ た。

彼女の作品は光を出しながら、何かを吸い込もうとする
力がある。
光に誘われ、気が付くと彼女の世界 に捕らわれてしまった感覚である。

彼女は大切な家族が逝き、精神的に混乱した時期が
あった。
生きることは平坦ではなく何かを構え築くこ とではないかと思うのです。
物質感を構築するのは、あ る意味「生」がエネルギッシュで、手ごたえに満ちたもののような気がするからです』と言っている。

彼女の以前 の作品は画面の中に「彼岸と此岸」の世界がはっきりと二分されていたが、この作品は「此岸」の部分だけになっ た。

金銀財宝は人の心を変える」との言葉。宝石はなかな か手に入らぬために貴重な財産であるが、光り輝き人の 魂も引きつけ、身に付けることによって人の心が変わ る ダイヤモンドやサファイヤなどが人を虜にするの は、輝く光と吸い込まれる光が同居しているからだと思 える。

この作品は掌に載る大きさだが、木製パネルに小さ な薄い和紙片を幾層も張り合わせ、側面にも施してい る。 その紙片は和紙にアクリルや墨でペイントしたもの や、モノタイププリントしたものを切っている。

紙を 何層にも張り合わせ色を重ねることで、構築的で鉱物 質なテクスチャーを創る。

それが生きることに繋がるの ではないか」と言うように彼女はダイヤを磨き、カット 面を作るように張り重ねた。 紙でできているのだが、宝 石を散りばめた印象が残るのはそのためであろう。

この作品は私にとっては 1 つ 1 つの色が輝いている四角い宝石である。
そこには緻密に計算された構成があ り、ダイヤモンドの輝きのように気持を揺さぶる。
そし て内側に気力を充実させてくれる。彼女にとっては精一 杯「此岸」を描くことによって、逝った人との魂の触れあ う触媒になっているのではないだろうか。 この作品を首飾りなどにはできないが、見ることによ って生きることのエネルギーが出てくる。
宝石は自然の 力が生み出したが、「四角い宝石」は浜田澄子が生み出 した。

そこにある光は人を明日の世界に導く。  モリス高橋」




関係者の皆様、ありがとうございます。お世話になります。
がんばれ!私の四角い宝石!あと一ヶ月半も展示させて頂く時間がある!
上海にご縁が
おありの方御高覧頂けたら幸いです。
MOVE展in. Shanghai
期間 2015年1月10日〜2月7日。(3月7日まで延長)
10:00-18:00月曜日休廊
場所 上海風月舎画廊。
  中国上海市莫干山路50号17号楼1層M17-109
連絡先 Tel+86-21-3227-0036





HPはこれらの薔薇やHomepageのアイコンから簡単に入れます。
御高覧くださいませ。















MOVE展in. Shanghai

期間 2015年1月10日〜2月7日。
10:00-18:00月曜日休廊



場所 上海風月舎画廊。
  中国上海市莫干山路50号17号楼1層M17-109




連絡先 Tel+86-21-3227-0036

10806218_757988867614126_4495420983790464973_n.jpg
10349088_757988857614127_1574831556438253097_n.jpg
P1110060-1.jpg

1-225x300
2-300x225
3-300x201


上海においでの方、よろしくお願い致します。
私は明るい黄色と赤の作品を出してます。


連絡、お問い合わせはこちらから




中和ギャラリー版浜田澄子ページ

創形ファイル

sokeiファイル 2013年宙の楽園

どれからもHPに飛びます。









お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
web拍手 by FC2
banner.gif



写真日記 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


絵だけ見られるページです。画像をクリックしてくださいませ。

tumler
お花日記


facebook 画家浜田澄子
Facebook版作品だけのページです、説明しっかりしてます。



新しいショップの前に、今までのを、、、、、
ネットギャラリーショップArtAnneRose



ネットショップArtAnneRose




http://hamadasumiko.justhpbs.jp

 
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
01.31
Sat
雪の小野路は穏やかながらも深閑として、美しい場所でした。

P1300015.jpg
P1300004.jpg
P1300013.jpg
P1300005.jpg
P1300010.jpg
P1300034.jpg

P1300026.jpg



上海の展覧会、好評につき、3月7日まで会期延長です。

私の作品はこれどうやって作っているの?素材は何なの?など、問い合わせや興味を持たれるれお客様が多いらしいです。
しかし2点のうち一点が価格交渉ということで、まだどちらも売却には至っていないということ。
現地では私の作品に関する「四角い宝石」という文章も紹介してくださっている模様。


四角い宝石
「浜田澄子の作品は財宝の中の「宝石」だった。
青と緑 の色の世界に迷い込み、その世界へ引き込まれてしまっ た。

彼女の作品は光を出しながら、何かを吸い込もうとする
力がある。
光に誘われ、気が付くと彼女の世界 に捕らわれてしまった感覚である。

彼女は大切な家族が逝き、精神的に混乱した時期が
あった。
生きることは平坦ではなく何かを構え築くこ とではないかと思うのです。
物質感を構築するのは、あ る意味「生」がエネルギッシュで、手ごたえに満ちたもののような気がするからです』と言っている。

彼女の以前 の作品は画面の中に「彼岸と此岸」の世界がはっきりと二分されていたが、この作品は「此岸」の部分だけになっ た。

金銀財宝は人の心を変える」との言葉。宝石はなかな か手に入らぬために貴重な財産であるが、光り輝き人の 魂も引きつけ、身に付けることによって人の心が変わ る ダイヤモンドやサファイヤなどが人を虜にするの は、輝く光と吸い込まれる光が同居しているからだと思 える。

この作品は掌に載る大きさだが、木製パネルに小さ な薄い和紙片を幾層も張り合わせ、側面にも施してい る。 その紙片は和紙にアクリルや墨でペイントしたもの や、モノタイププリントしたものを切っている。

紙を 何層にも張り合わせ色を重ねることで、構築的で鉱物 質なテクスチャーを創る。

それが生きることに繋がるの ではないか」と言うように彼女はダイヤを磨き、カット 面を作るように張り重ねた。 紙でできているのだが、宝 石を散りばめた印象が残るのはそのためであろう。

この作品は私にとっては 1 つ 1 つの色が輝いている四角い宝石である。
そこには緻密に計算された構成があ り、ダイヤモンドの輝きのように気持を揺さぶる。
そし て内側に気力を充実させてくれる。彼女にとっては精一 杯「此岸」を描くことによって、逝った人との魂の触れあ う触媒になっているのではないだろうか。 この作品を首飾りなどにはできないが、見ることによ って生きることのエネルギーが出てくる。
宝石は自然の 力が生み出したが、「四角い宝石」は浜田澄子が生み出 した。

そこにある光は人を明日の世界に導く。  モリス高橋」




関係者の皆様、ありがとうございます。お世話になります。
がんばれ!私の四角い宝石!あと一ヶ月半も展示させて頂く時間がある!
上海にご縁が
おありの方御高覧頂けたら幸いです。
MOVE展in. Shanghai
期間 2015年1月10日〜2月7日。(3月7日まで延長)
10:00-18:00月曜日休廊
場所 上海風月舎画廊。
  中国上海市莫干山路50号17号楼1層M17-109
連絡先 Tel+86-21-3227-0036





HPはこれらの薔薇やHomepageのアイコンから簡単に入れます。
御高覧くださいませ。















MOVE展in. Shanghai

期間 2015年1月10日〜2月7日。
10:00-18:00月曜日休廊



場所 上海風月舎画廊。
  中国上海市莫干山路50号17号楼1層M17-109




連絡先 Tel+86-21-3227-0036

10806218_757988867614126_4495420983790464973_n.jpg
10349088_757988857614127_1574831556438253097_n.jpg
P1110060-1.jpg

1-225x300
2-300x225
3-300x201


上海においでの方、よろしくお願い致します。
私は明るい黄色と赤の作品を出してます。


連絡、お問い合わせはこちらから




中和ギャラリー版浜田澄子ページ

創形ファイル

sokeiファイル 2013年宙の楽園

どれからもHPに飛びます。









お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
web拍手 by FC2
banner.gif



写真日記 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


絵だけ見られるページです。画像をクリックしてくださいませ。

tumler
お花日記


facebook 画家浜田澄子
Facebook版作品だけのページです、説明しっかりしてます。



新しいショップの前に、今までのを、、、、、
ネットギャラリーショップArtAnneRose



ネットショップArtAnneRose




http://hamadasumiko.justhpbs.jp

 
comment 0 trackback 0
05.01
Sun





TS3U0008_20110501192208.jpg



TS3U0009_20110501192208.jpg





TS3U0019_20110501192207.jpg




もう季節は初夏にちかずきつつあります。



今日は雨、明日から三日仕事。
朝はやく作業してから

仕事に行く予定。

覚悟がいる。
生きる事に。

絵を作っていると
生きる事を真摯にする事だけが
自分の未来の道を開くように思えます。


優しい風景はその心を優しく包みます。






ご連絡、問い合わせはこちらまで。








どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。


 HOMEPAGE HOMEPAGE HOMEPAGE-



お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 美術ブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2


comment 2 trackback 0
02.04
Fri
110130_1607~01


110130_1605~01

冬の小野路に逢いたくて行ってきました。
110130_1602~02

東京なのに切り取られたように自然。110130_1604~01


美しいと思います。110130_1541~03

ご連絡、問い合わせはこちらまで。








どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。


 HOMEPAGE HOMEPAGE HOMEPAGE-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->

お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 美術ブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 花ブログへ  にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ   ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2

comment 0 trackback 0
08.13
Fri
comment 0 trackback 0
04.25
Sun




どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。




HOMEPAGE

HOMEPAGE

HOMEPAGE
-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->




私は何故時間のすきまさえあれば
小野路にきてしまうのか?

それは、この静謐な空間に身を置いてぼうっとしていると
心のざわめきが取れて、
嬉しいような、泣きたくなるような、晴れ晴れするような、
矛盾するようなことをいうようだけど
とても幸せな気持ちになるからなのだった。
怖くない孤独。

一人だけど
全体性があって
ひとりじゃないかんじ。

かかわりゆく人々の誰某がみじかに感じられて
つまり自我の境目がない
不思議な気持ちにたるのだった。

もう本当にキュートといおうか

私は今人々の思惑が、苦手なのかもしれない。







P1000419.jpg

comment 0 trackback 0
04.21
Wed




どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。




HOMEPAGE

HOMEPAGE

HOMEPAGE
-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->











P1000424.jpg

P1000422.jpg

P1000418.jpg

comment 0 trackback 0
04.20
Tue




どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。




HOMEPAGE

HOMEPAGE

HOMEPAGE
-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->








P1000416.jpg

P1000431.jpg

P1000421.jpg

美しい、魂が心から喜ぶ日本の里山、小野路に行ってきました。

深閑とした、雨の降る午後に独りで彷徨ってると、

心ががみずみずしく再生され、
自然のなかで透明になる気がします。

静かな時間。

日頃の喧噪が嘘のようです。

自分のカルマが消滅して、この世界に霧散して解けてしまう気がする。

この静かな心境が心の中にキープされているから、

人と触れている時、仕事に触れている時、思いっきりのびのびと、心を込めて
接せられるように思います。

白い白紙のキャンバスのような、何もない心。

深い満足と静かな喜びがある。

だからいっぱい元気で動く、私がキャンバスに描かれるんだな。

なんちゃって、、、、、。
comment 0 trackback 0
03.19
Fri





どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。




HOMEPAGE

HOMEPAGE

HOMEPAGE
-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->




にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村FC2 Blog Ranking



P10003811


P1000356.1



P1000341.jpg


東京の街中の一角に、こんな切り取られたような一角があることが不思議。

今日は久しぶりにはやく帰れたので

これから名刺を切るのやります。
100319_2210~011



comment 0 trackback 0
03.19
Fri



どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。




HOMEPAGE

HOMEPAGE

HOMEPAGE
-- [FC2 Analyzer] http://analyzer.fc2.com/ -->










P1000351.jpg


P1000371.jpg


P1000337.jpg


P1000354.jpg


ほぼ二ヶ月ぶりに小野路に行った。

冬には薄茶色一辺倒の景色が

確実に色がついてた。

春はまちがいなくそばまできてる。







comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。