FC2ブログ
  • 私は前から病院で自分の作品が飾れたらと思っていました。病院。誰もが一度はお世話になる、身体を治療する施設です。例えば人間ドッグで、会社の健診で、要精密検査で、  怪我をしたり、具合が悪くなったり、病院は命に影が生じた時の駆け込み寺なのです。医学で必ず復活する事を信じて人は病院にお世話になり、知識を持った医学に関わる専門家に直して頂くのです。私は医者ではないから病気を治す事はできないけれど、なにか自... 続きを読む
  • 上田秋成の雨月物語の中に浅茅が宿の話はある。 これは私の浅茅が宿の物語? いつだったか亡くなった旦那さんの夢を見た。 夢の中では私は幼い子供達と暮らし 彼は仕事で離れて暮らしている設定だった ある日旅行に彼の段取りで行くことになる。 まだ幼児の子供達を連れて旅先で落ち合う。 もともと寡黙な男だったが案内されたのは 古い民宿だが 広くてこざっぱりとしていて なんと温泉のような広いお風呂場が部屋についている旅館... 続きを読む
  • アトリエを探す前提で御散歩に行きました。妄想です。笑しかし、本気で土地探索をします。わあ、赤い木が見える〜〜毎日朝はここを犬と散歩しようか。アケビだ、秋だなあ。穏やかな里山。ゴルフ場も秋になると秋色になるんですね。なんとなく一年中緑かと思ってた。なだらかな坂道を下ると、、、、、黄金の木がありました。いいなあ。ここら辺に住んでる人、羨ましいなあ〜〜〜〜〜第26回全国和紙画展佳作入賞しました。期間  20... 続きを読む
  • 秋のある日、空気は澄み渡り、風はそよ吹く。日没寸前までのひと時、陽光が燦然と輝きだし、優秀な錬金術士に変容する。                                                  プラタナスも銀杏も樫の木も 黄色く紅葉する樹木がいっせいに黄金色に変容する。微かな風で呼吸するがごとく 王者のようにさざめく。君はあの荘厳で華麗な時間を味わった事があるだろうか???第26回... 続きを読む
  • 子供の頃感銘を受けた本に、「ああ無情」 というのがあって、それは言わずと知れたレ・ミゼラブルのことだった。一番印象に残っているのが、ジャンバルジャンが神父様の大切にされている銀の燭台を盗んだ時に、これはあげたのです。と司祭様は回りに宣言して、銀のスプーンまであげてしまい、小声でジャンバルジャンに囁いたシーンだ。あなたはこれで生まれ変わるのです、と。逃亡したジャンバルジャンは、今度はまるで鏡合わせの... 続きを読む
  • 昨日は娘の誕生日でした。手持ちのコートが全部生きるように、ふかふかのフォックスの襟巻きと、それに合う繊細な金のネックレスと、上品なブラウス。美味しそうなケーキも、これ入れ物が陶器なので、家の食器として後で使えます。先日見つけたバスタブプレート大活躍。お寿司はこのお皿にはビミョ〜〜。やはり洋物のお皿という頭があるので、設定に無理が、、、、しかし、大好きな娘にプレゼントができたことで、心は深い満足にあ... 続きを読む
  • 私は最近、ずっと質感のある、鉱物的な雰囲気の作品を和紙で作っているが、エネルギーというか、気の流れを感じさせるような表現もしてきました。そして、こういうイメージの作品を作るには、また、この手法が必要に思います。今すぐではないが、いつか挑戦してみたいです。第26回全国和紙画展佳作入賞しました。期間  2013年10月17日(木)から12月2日(月)会場  美濃和紙の里会館アクセスhttp://www.city.mino.gifu.jp/mino... 続きを読む
  • バスタブプレートというものが安く売っています。お料理がおいしく見えそうなので、使ってみました。これはわが家の豚汁だけど、、お椀とは違ってどうかしら??ただお箸はいかんかった。このお皿ではスプーンです。スプーンで食べる豚汁もまた。なかなかでした。第26回全国和紙画展佳作入賞しました。期間  2013年10月17日(木)から12月2日(月)会場  美濃和紙の里会館アクセスhttp://www.city.mino.gifu.jp/minogami/pages... 続きを読む
  • 百花繚乱という言葉はありますが、菊花繚乱とは言わないんですかね?おうちの菊の花を眺めてたら、ふと菊花繚乱と言いたくなりました、、、、、、第26回全国和紙画展佳作入賞しました。期間  2013年10月17日(木)から12月2日(月)会場  美濃和紙の里会館アクセスhttp://www.city.mino.gifu.jp/minogami/pages/access主催  全国和紙画展実行委員会後援  文化庁     岐阜県     岐阜県教育委員会     岐阜... 続きを読む
  • 生まれて初めて大雲海を近くで見ました。場所は富士山です。うおおおおお〜〜〜!日没直前の黄金の一瞬、画面右に何か現れます。これって鳳凰じゃないかしら?太陽のそばには虹らしきものも、、、、日没直前、大雲海は黄金色に光り輝き、まるで壮大な交響楽を聴いているようです。そこに端然と舞う鳳凰。吉兆です。日本が、個人が、皆祝福されているかのようです。この写真を見た方達にも、なにか良い事が起きますように。第26回全... 続きを読む
  • 京都-洛中洛外図と障壁画の美」東京国立博物館に行ってきました。こっちだよ、という矢印の看板があります。この看板も綺麗だな。途中イタリア古版画の看板が。あんまりファンタスティックなので撮っておきました。スゴいイメージだよね。怖いけど。「京都-洛中洛外図と障壁画の美」は最新のデジタルが大活躍の展覧会で、それが400年前のくすんでしまった本物の絵の理解を助けています。デジタルがないと、絵がかなり古くて良... 続きを読む
  • 第26回全国和紙画展佳作入賞しました。期間  2013年10月17日(木)から12月2日(月)会場  美濃和紙の里会館アクセスhttp://www.city.mino.gifu.jp/minogami/pages/access主催  全国和紙画展実行委員会後援  文化庁     岐阜県     岐阜県教育委員会     岐阜県紙業連合会     美濃市教育員会     美濃手すき和紙協同組合     (公社)日本和紙絵画芸術協会     全国和紙ちぎり絵サー... 続きを読む
  • うちのワンコが話しかけます。『おかあさん、行かないの?』(言ってないって)それで休みだし思い切って出かけました。高速で大きな虹に遭遇。うわあ、大きい。ついた赤城高原の先、水上温泉は、まさに秋一色。日光と違って神々しくないけど、心があったかくなる土地です。左上に、写真ではわからないけどまたまた虹に遭遇。まさしく秋そのもの。日没直前の神の黄金の時間。そして今日三回目の大虹。これが肉眼で見たスケールです... 続きを読む
  • 私は、秋の日、雨上がりの地面を眺めるのが好きです。しっとりとつやつやに濡れた、光の残響のような落ち葉でいっぱい。腐葉土みたいな暗い枯れた葉っぱや土の上に、未だ精彩を残している落ち葉が無造作に落ちてます。そのいろや形の組み合わせが、もうそれだけで見事なんだなあ〜〜自分の作品にとても参考になります。いつまでもいつまでも見つめている私です。端から見たら、不気味?なおばさん 笑中和ギャラリーsokeiファイル... 続きを読む
  • うちの小さな秋です。ハゼの木。何色もあります。これ何だっけ?これから赤くなります。菊も一緒に。秋セット。お弁当セット。お弁当の木の器のゴムをオレンジにしてみた。アップにすると綺麗だな。明日休みで、大きい秋を見にいこうかどうか素案中。中和ギャラリーsokeiファイル連絡、お問い合わせはこちらから無料ホームページ中和ギャラリー版浜田澄子ページ創形ファイルsokeiファイル 2013年宙の楽園どれからもHPに飛びます。... 続きを読む

ArtAnneRose

画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

プロフィール

ArtAnneRose

Author:ArtAnneRose
画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード