FC2ブログ
  • 術後16日目、装具来る。このロボットみたいな足が装具と言って、松葉杖歩行を楽にする補助器具です。骨がある程度くっつくまで怪我した足は力を加えません。松葉杖と、良い方の足の3点で動くのだけれど、この装具を使用することで、怪我した足に力をいれすに、二本の足と、補佐する松葉杖で、とても楽に歩行ができるのです。これでリハビリに病院に通ったりのめどがつきます。まっすぐなところは大丈夫、階段を今日は練習しました... 続きを読む
  • 術後14日目、シーネ(足を支える板状のボード、足の形に沿って曲げられ、時間立つと硬質化する) が外れて、足むき出しになりました。足を守ってた硬いものがなくなってもし転んだりして痛めたら、、、と怖いのですが、すごい解放感。骨は二ヶ月かけてゆっくり生成されるとのことなので、いくら金属入れても、まだくっついてないということが恐れを生みます。しかし、これから、私は日常寝る時以外は、装具をつけるので、これからは... 続きを読む
  • 術後11日目、抜糸が膝残して全て終了です。膝は曲げたり伸ばしたりするので、慎重に様子みます。松葉杖をリハビリルームより、病室内に持ち込み、自由に自主リハビリで、練習してよくなりました。でも、またバランス崩してすっ転んだりして、手術の跡になにかあったら大変だから、ひとり練習は少しだけ。もっぱら、膝曲げひざのばし、膝まっすぐ足上げ、足指曲げという、リハビリメニューを自主リハビリで増やします。うちのワンコ... 続きを読む
  • 絵から広がる仲良しの輪術後9日目5日に救急車で担ぎ込まれた時には、ごつごつ枝のみの窓のイチョウも、二週間でこんなに若葉が、、、病室の方々とすっかり仲良くなって、iPhoneに多少入ってる 自分の作品の写真みながら、絵談議。「あらあら、私にも見せてもらえませんか?」と、はしのベッドの方も車椅子でそばにいらっしゃって、みんなでiPhone回しながら、絵談議。楽しい。「あらあ、素敵ね〜、和紙なの〜?見たいなあ。」「ど... 続きを読む
  • 術後7日目です。手術の半分抜糸です。痛みはガンタッカーの歯を引っこ抜く感じ?実際は見てないから、わかりません。とても見れません。泣。リハビリも自主リハビリどんどんするように指示が出ました。足をつけるくらい折り曲げたり、まっすぐにして、太ももの力で持ち上げたり、、、痛み止めはしっかり使いながらのリハビリです。痛いと辛くなるからね。だいぶ曲がるようになりました。90度はいくんじゃないでしようか。松葉杖も... 続きを読む
  • 車椅子に乗って、あちこち行けるようになりました。足もリハビリ進んで120度まで曲げられるようになりました。術後4日目です。連絡、お問い合わせはこちらから無料ホームページ中和ギャラリー版浜田澄子ページ創形ファイルsokeiファイル 2013年宙の楽園どれからもHPに飛びます。 お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。... 続きを読む
  • 私の入院している病院は、整形外科の救急なので、同じ病室の方も、お怪我ばかりだ。信号をあわてて渡ろうとして、つまずいて膝の骨を割ったり、駅で押されて、転んだ拍子に大腿骨を折ったり、交通事故で私と同じように骨折された方、さまざまだ。そして今年の記録的な雪で滑ったかたは、看護婦さんにもおられて、キプスしながら仕事をしているどのこと。このホームセンターに売ってるようなものは、つい先日お隣の方の足から取り出... 続きを読む
  • 手術は無事にすんだ。足にはプレートが入った。私の骨は、繊細で華奢で、少し時間がかかったということだ。骨が強くなるには負荷をかけることご必要で、私はよく歩き、大きな絵を運び、人より活発に動く毎日だった。結果知らず知らず鍛えられた骨に感謝だ。プレートなるものが、どんなものなのか、実はまだ知らない。しかし、私の元気を、酷使にもかかわらず今まで耐えてくれた足、今はプレートで補強されている足が愛おしくてたま... 続きを読む
  • 手術時間が決まった、1230で、1番じぁあ、うおおおおーっ先生に、「先生が手術されるのですか、よろしくお願いします、」と言ったら、先生 「チームでしますよ。」私「^_^医龍みたいですね。」先生「 そうです、朝田龍太郎だけが手術するわけじゃないんです、この手術はチームでしますから。」 もうこの時点で医龍4のテーマソングが、、、、私頑張るわあ。連絡、お問い合わせはこちらから無料ホームページ中和ギャラリー版浜田澄子... 続きを読む
  • 桜の花に魅入られた私は、七日7晩彷徨い、この身半分幽玄の世界に踏み入れてしまつたようです、現世にいながら、泡沫(うたかた)の美に引き寄せられ、ごく自然に黄泉平坂を転げ落ちるところでした。が、この身は彼岸ではなく、し岸に辿りつきました。足の骨を折る痛みは、紛れもなく現世のものでした。私はハチミツ色のさなぎの中に安置され、復活する力となる食物をいただき、微睡みます。この世に生まれ出ずれたばかりの赤子のよ... 続きを読む
  • このハチミツ色のカーテンに仕切られたこの部屋は、私の繭玉の中です。まるでさなぎの中でじっくりと孵化するように、私は再生をしようと思います。果てしない微睡みの中で自分の不安恐れは葦の船に乗せて大海に流されたひるこのように、輝く大海に流しましよう。そしてそれすらも、海の向こうでは神に遣わされたエビス神に変容して、慶をもたらします。つまり宇宙はどこをどうむいても、喜びに満ちているのです。私は数日しっかり... 続きを読む
  • お花見最後の5日土曜日、土手で滑り、足を折ってしまいました。桜の写真は後でアップします。連絡、お問い合わせはこちらから無料ホームページ中和ギャラリー版浜田澄子ページ創形ファイルsokeiファイル 2013年宙の楽園どれからもHPに飛びます。 お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。... 続きを読む
  • 川井家のしだれ桜の気高い姿を堪能した後、唐木戸の道の100本しだれ桜を見ます。山桜の豪壮で可憐な風景。小山田緑地に足を運ぶと、また山の桜を発見。神気はないけど、素朴でいい感じ。山里そのものの道は歩くだけで気持ちいいです。あちこちに可憐な桜が、、、、、花を愛でつつ、大泉寺の参道の桜並木を見ます。大泉寺は山号を補陀山、曹洞宗の古刹。ここに平安から鎌倉期にかけてこの地を治めていた小山田氏の城があったと伝... 続きを読む
  • 水曜日、出発は多摩川の緑地。うらうらと広がる野原の向こうに見える山は まさに春爛漫。乞田川の桜並木」乞田川(こったがわ)の川沿いを多摩センターに向かいます。ここは春になると桜のトンネルが できます。見事です。吉祥院のしだれ桜桜のトンネルの下、乞田川を多摩センター駅に到着する直前、乞田川からすこし左の山沿いにいくと、吉祥院があります。本堂手前には信州・高遠の門外不出の小彼岸桜があり、濃いピンク色に染... 続きを読む
  • お仕事の休憩時間に、ここのところお花見をする、郵便局の裏の公園に行きました。樹齢の高い木があふれんばかりです。府中はこの時期どこもかしこも、桜だらけになります。連絡、お問い合わせはこちらから無料ホームページ中和ギャラリー版浜田澄子ページ創形ファイルsokeiファイル 2013年宙の楽園どれからもHPに飛びます。 お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。... 続きを読む
  • 個展は無事終了しました。搬入の時はまだ3月も中旬なのに寒いサムイで、冬の様相を帯びていたのに。搬出の日、29日にいきなり桜が咲きました。まるで狐に包まれたようです。心も身体も実感がとれません。急に咲くんですもの。しかも咲いたら最後、桜の命は短いのです。個展の報告、作品のホームページ作成、お渡しする作品のメンテナンス等まだやる事はありますが、今週は桜三昧で桜を追っかけようと思います。まず月曜日、私は... 続きを読む

ArtAnneRose

画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

プロフィール

ArtAnneRose

Author:ArtAnneRose
画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード