FC2ブログ

瀬戸内国際芸術祭2013 5 直島その4  『ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム』

直島のベネッセハウス・ミュージアム、ここはホテルと美術館が併設された建物ですが、
世界に誇れる屈指の美術館になっています。収贓物が半端じゃなく優れているのです。
どれもすばらしかったですが印象的だったものを拾って行きます。
全館撮影禁止のためネットで写真を拾いましたが、一部撮影可の場所もあります。
また定期的にツアーでホテルの方が説明をして下さいます。
(有料)





柳 幸典氏の『ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム』(1990年)
02_MG_6849_0.jpg

国旗がたくさん並んでいると思ったら、それは描いてあるものではありませんでした。
透明なプラスチックの中に国旗の柄に着色された砂が入ってます。その中で実際蟻を飼育しています。蟻の巣が見られるわけです。
flag_up.jpg

それぞれはビニールチューブでつなげられているため、蟻はそれぞれのブロックにわたりながら巣を作り続けます。
時には砂が崩れ国旗の柄がかわるものもあります。
またこっちの旗の箱の砂をあっちに運んだりしている蟻もいます。どの国旗の砂箱の中にも蟻さんがいて一生懸命働いています。

o0634038310867392814.jpg

地球は一つ、みんなで助け合って生きていこう〜〜どの国(旗の下)にも、悩み喜び、生きるために一生懸命働いている国民(ありさん)がいるぞ〜〜〜、と
私は子供がいいそうな単純なことを考えていました。

今日ですらシリアの化学兵器がきっかけで爆撃が繰り広げている現実を見ると、
地球は一つ、みんな仲良くなんて言葉が少しむなしくなってしまいます。
でも、その時私は『ザ・ワールド・フラッグ・アント・ファーム』を思い出します。
一生懸命アリさんがそれぞれの箱の中で働いていて、行き来もある姿を。

そしてこの砂の旗は、どこか脆いような、ちょっと危機感のようなものもあります。
見た目カラフルで丁寧に作ってあって面白いけど、
国ってなんだろな?文化とは?そもそも国旗とは、その国のシンボル?
蟻さん、生きるので必死でいつのまにかシンボル崩壊しちゃうの?



美術家には美術家の王手の切り方があって、作品を通じて観るものに訴えます。
優れた作品は説明がなくとも それぞれの見る側の感覚を、倫理を 常識を 社会観を刺激して、内省再考するきっかけになります。


それがジャンル問わずアートの魅力だと思います。


柳氏曰く「アートの力を信じてる」


『ザ・ワールドフラッグ・アント・ファーム』1993年第45回ベニス・ビエンナーレのアペルト部門受賞




中和ギャラリー
sokeiファイル






連絡、お問い合わせはこちらから




中和ギャラリー版浜田澄子ページ

創形ファイル

sokeiファイル 2013年宙の楽園

どれからもHPに飛びます。









お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
web拍手 by FC2
http://blog.with2.net/link.php?1283326imgs-51.fc2.com/a/r/t/artanne/banner.gif" target="_blank">banner.gif



写真日記 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


絵だけ見られるページです。画像をクリックしてくださいませ。

tumler
お花日記


facebook 画家浜田澄子
Facebook版作品だけのページです、説明しっかりしてます。



新しいショップの前に、今までのを、、、、、
ネットギャラリーショップArtAnneRose



ネットショップArtAnneRose



http://hamadasumiko.justhpbs.jp</span>">
http://hamadasumiko.justhpbs.jp

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ArtAnneRose

画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

プロフィール

ArtAnneRose

Author:ArtAnneRose
画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード