FC2ブログ

横浜市民ギャラリーの作品confusionとは?

横浜に住んだことがあるな方なら分かると思いますが、横浜は坂がとても多いです。多摩丘陵の里山を開発しているので、坂、階段だらけです。
紅葉坂を登って野毛山にある横浜市民ギャラリーもそんなところにあります。

昔は東横線の終点は桜木町だったので、うっかりして横浜で降りないでいたら、電車は馬車道とかみなとみらいに行ってしまいました。笑。
慌ててJRで引き返しました。
紅葉坂を登っていくと見えてきますよ。
12633764_1045049515553962_1700716734252703290_o.jpg
昔は関内に古い建物で出会ったのですが。移転でこんなにかっこよくなりました。
12642848_1045049518887295_5665916395184507526_n.jpg
ちゃんと説明があるので大丈夫。
12694490_1045049572220623_2157428792593837562_o.jpg
12645086_1045051632220417_3018868141538667820_n.jpg
地下入り口にはご挨拶も置いてあります。
12525344_1045050455553868_6388641954261332231_o-1.jpg
私の絵は3枚合わせです。182cm x335cm。
12646692_1045051142220466_1337617667914795675_o.jpg
アップです。
12654110_1045050418887205_5316458629829744162_n.jpg
12671836_1045050425553871_3457506962455823208_o.jpg
本当は大きい黒が初出の形でしたが会場の都合により小品を持って行きました。
12400590_1045050472220533_870195812497022979_n.jpg

説明もつけました。
当時私の実感であった相対、此岸と彼岸の考察を形にしました。
彼岸(逝ってしまった人たちがいる場所、あの世)と此岸(しがん現実界)を白と黒、めくるめくような光の滝で満たされたあちら側と、漆黒の闇に満ちた物質感溢れるこちら側で表現しました。
そしてconfusion(混在に)憧れるけれど事実として世界は別れてしまったことを描いたのです。
死んだことないからよくわからないけど、せめて魂がまばゆい光のシャワー
、光の滝で慰められたら良いなと思っていました。
だからこれはレクイエムの絵でもあります。
そしてそれに対するように現実の私はこのような漆黒の闇にいるんだということで真っ黒い作品を作りました。

15年前の家族の死はいつもいつも作品を作る上の重要なテーマであり、以後私は作品を通して自分の心を見つめました。
そして今に至ります。笑。
私はあと8日に10時から16時まで会場におります。
どうぞお出かけくださいませ。


美の精鋭達

12510290_927864557303477_3975683087520499736_n.jpg

会期時:
2月2日(火)13:00〜 通常は10:00〜18:00
最終日は16:00まで
場所
☆横浜市民ギャラリー
map_20150801.jpg

住 所〒220-0031 横浜市西区宮崎町26番地1

連絡先TEL 045-315-2828 / FAX 045-315-3033


市民ギャラリーHP http://ycag.yafjp.org/</span>">http://ycag.yafjp.org/



『出品作家』
田辺 修  豊崎 旺子
12552508_930375937052339_2156224198802532402_n.jpg

藤下 覚 浜田 澄子
12400704_930856003670999_5941243853975313471_n.jpg

風見 規文 小原 義也
12508965_928702840552982_3522640177794575977_n.jpg

片桐 とみか 関 仁慈
12508690_929225310500735_2254808818768889126_n.jpg

安木洋平 渡邊博
10338254_947363798689985_4115131193303731212_n.jpg

上野謙介581920_927878390635427_2545404711530293848_n.jpg




コンセプト
【アートのある暮らし】とは何ぞや。
ここに集いし者達は己と向かい合い
【美】を愛でる精鋭たちである。
個々の抽出した心象風景を真摯なまでに
キャンパスに叩きつけている。

抽象の父・カンディスキーの時代より凡そ100年経つ今。
抽象絵画の限界に挑む11名の選ばれし芸術家の魂が
皆様の心に届くメッセージとなることを切望しながら
ご高覧・ご高評をお待ちしております。

< 企画> 浪川 恵美

キュレーターの浪川エミさんの企画です。




2月の個展のお知らせ


日時
2016,2,15(月)〜3.5(土)
Gallery Bar Kajima  ギャラリーバーカジマ

tel:  03-3574-8720
adress:  東京都中央区銀座7-2-20 山城ビル2階

Web&Blog gbkajima.jimdo.com
Mail gbkajima@gmail.com

営業時間 14:00~24:00  日曜・祭日休み


作家在廊日 月曜日金曜日午後3時より10時まで

IMG_8666.jpg
IMG_8665.jpg


先日あるイメージをのせました。
http://artanne.blog68.fc2.com/blog-entry-1471.html</span>">http://artanne.blog68.fc2.com/blog-entry-1471.html

これはこの、2月に行われる個展のイメージなんです。

銀座にGallery Bar Kazimaという、素敵なバーがあります。
baekazima8.jpg

そこでの個展が2月に開催されます。
このお店での個展が決まった時に一番初めにイメージが湧いたのが白い空間にポイントで黒を入れた展開でした。
これは以前の私の個展風景です。
12472683_965652703514407_1741127271050298216_n.jpg



1604850_965652680181076_1195219638717188718_n.jpg


今は色彩に心を向けていますが、15年前は白黒を長く追求していました。

kazimaに下見に行った時に、ぱっと浮かんだのがこの白いシリーズの個展で、ここにポイントで黒い作品を入れたらしゃれてるかなって。
1474522_959610594118618_5922216232101395403_n.jpg
NO184 のコピー


黒と白、最高にモダンな組み合わせです。
barkazima1.jpg


さらにここに、白黒の文字、アルファベットとか数字を入れてみようかな、なんて考えてます。

1916996_959610624118615_886544258057766221_n.jpg

これは北欧のインテリアショップのカレンダーですが、文字だけってしゃれてますね、こんなイメージの作品作ろうかなって思っています。

さてイメージ通り行きますか。






先日逝かれた敬愛するデヴィドボウイに愛をこめて合掌
slide_472558_6436852_free.jpg

yjimage.jpeg

https://www.youtube.com/watch?v=bc_kPLYPTwI</span>">https://www.youtube.com/watch?v=bc_kPLYPTwI
  19分くらいからが一番きます。





ArtAnneRose アート作品ご要望はこちらから。
ArtAnneRose Shop






中和ギャラリー版浜田澄子ページ

創形ファイル

sokeiファイル 2013年宙の楽園

どれからもHPに飛びます。









お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
web拍手 by FC2
http://blog.with2.net/link.php?1283326imgs-51.fc2.com/a/r/t/artanne/banner.gif" target="_blank">banner.gif



写真日記 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


絵だけ見られるページです。画像をクリックしてくださいませ。

tumler
お花日記


facebook 画家浜田澄子
Facebook版作品だけのページです、説明しっかりしてます。






ネットショップArtAnneRose



http://hamadasumiko.justhpbs.jp</span>">
http://hamadasumiko.justhpbs.jp
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック