fc2ブログ
暗闇祭り

暗闇祭り

府中市の暗闇祭りを見てきました。
くらやみ祭り

18216826_1478381572207117_6306803724596562665_o.jpg

このいかにもこれから始まる勇壮なお祭りの期待感をいやがうえにも高めるような写真は、
小峰 和久氏の写真です。お借りしました。
(あとは自分であまりよく撮れてません、、、泣)

18199527_1402493426496997_731117967181042102_n.jpg

18199403_1402493769830296_6252485893193759596_n.jpg

18268354_1403324279747245_6099940192076928440_n.jpg

18268651_1403324429747230_1840404341857259227_n.jpg

18275016_1402406139839059_319554228092906618_n.jpg


18199366_1403324283080578_3197646883091886230_n.jpg

18199167_1402493459830327_429559520361198442_n.jpg



それによると、くらやみ祭りは古来から続く格式と伝統を垣間みる事のできる、国府祭を起源とする例大祭である。
祭りが暗闇に行われる理由は、貴いものを見る事は許されないという古来から存在する儀礼に起因し、神聖な御霊が神社から神輿に移り御旅所に渡御するのは人目に触れる事のない暗闇でなければならないという神事の伝統がそのまま現代まで引き継がれているためである。

???

なに?国府祭って?

千年の前からあるお祭りとか、わかっているようなわかってないようなぼんやりした把握だったので
調べてみました。



府中市はむかし武蔵国の国府があったところです。
武蔵国とは現在の東京都や埼玉県、神奈川県川崎市や横浜市の大部分を含む一都二県にわたる広大な地域です。
当初、豊島、荏原(えばら)、橘樹(たちばな)、久良岐(くらき)、都筑(つづき)、多摩、足立、入間、比企、横見、埼玉、大里、男衾(おぶすま)、幡羅(はら)、榛沢(はんざわ)、那賀(なか)、児玉、賀美(かみ)、秩父の19郡から成っていましたが、8世紀には高麗郡と新羅郡(後の新座郡)が、そして江戸時代の初め頃に下総国葛飾郡の一部が武蔵国に組み込まれ、22郡となりました。

18301239_1403337723079234_2041632549753176458_n.jpg

9世紀以降、朝廷は全国を66の国と2つの島にわけました。
そして、そのそれぞれに守かみ・介すけ・掾じょう・目さかんの階級の役人らを中央から派遣して政治を行おこなわせたり、警察や裁判所の役目をさせたりしました。
これを国司(こくし)といいます。
 
国司が仕事する役所をを国衙(こくが)といい、その所在地を国府と言いました。
武蔵の国府は今の府中です。
府中という地名は「国府の中」という意味からきています。
ここにはまた、武蔵(むさしの)国の神様をひとつにまとめておまつりした総社もつくられた。大國魂(おおくにたま)神社のことです。
大国魂神社は、本殿とその両側に国内著名の神、六所ろくしょ (小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)を祀ります。
だから大国魂神社は六所宮とも称せられるようになりました。

そしてお祭りの時には府中市の町の人が近辺からも人を集めて、町ごとに分かれてこの六つのお神輿と本宮、御霊宮と計8基の神輿をを担ぎます。

そうなんですね烏帽子に五とか、一とかあるのは担ぐお神輿によって付けられていました。

18222377_1402404223172584_6594130878332758894_n.jpg

18222668_1402404303172576_5932137703915213351_n.jpg
千年も前から続いたお祭り、おとうさんもおじいさんもその前も綿々と繋げてきたお祭り、
司馬遼太郎の新鮮組のことを書いた「燃えよ剣」の冒頭にもその描写はあります。

当の六社明神(大国魂神社)は古来武州の総社で、祭礼の格式も際立って高く、江戸の諸社の神職などは、この祭礼の下役人なって働かされる。それほど社格が高い。」


神事はきちんと後世に伝えなくてはなりませんね。








応援ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
web拍手 by FC2
http://blog.with2.net/link.php?1283326imgs-51.fc2.com/a/r/t/artanne/banner.gif" target="_blank">banner.gif


人気ブログランキングへ








連絡、お問い合わせはこちらから







どれからもHPに飛びます。

















6月5日に銀座日本橋に、Art Maii という、現代美術を取り扱うとてもおしゃれなお店が出来ました。
13246227_1718949304983716_3745514035356445772_o.jpg


どこかフランスの裏通りの雰囲気、、、、

古い小さな3階建てのかわいいビルを改装してあります。



住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目13-10

電話:03-6262-1522

Mail:info(at)artmall.tokyo ((at)を@に置き換えてお送り下さい)

営業時間:12:00〜20:00

閉館日:月曜日(祝日は営業)

アクセス

【銀座線】三越前駅 A4出口 徒歩3分、【半蔵門線】三越前駅 A1出口 徒歩5分、コレド室町2 地上出口 徒歩0分



簡単なアクセス方法(下記の地図の矢印)
ffc6a77291667e959ec9e91ddc91caf9_08d316c1bdad8453c0e6712ec4df0172.png


三越改札口を出たらCOREDO室町1へ。地下通路を通り抜けてCOREDO室町2から1階へ出るとすぐです。

銀座のギャラリーが共同で経営しているアンテナショップです。
ビルはおしゃれですし、これから美術市場に革命的な一歩を踏み出すことでしょう。



そこに作品が常設しておりますので
お近くに亜出かけの際はどうぞお立ち寄りくださいませ。

17203143_1391501010908809_3983537037736795735_n.jpg


13692618_1740314536180526_3607322687284902981_n.jpg
13654232_1740314446180535_3266206455396209204_n.jpg

皆様のおいでをお待ちしております!
ぜひ本物を見に来てくださいませ。絵のエネルギーを感じてくださいませ。






先日逝かれた敬愛するデヴィドボウイに愛をこめて合掌
slide_472558_6436852_free.jpg



ArtAnneRose アート作品ご要望はこちらから。
ArtAnneRose Shop



中和ギャラリー版浜田澄子ページ

創形ファイル

sokeiファイル 2013年宙の楽園


絵だけ見られるページです。画像をクリックしてくださいませ。

tumler
お花日記


facebook 画家浜田澄子
Facebook版作品だけのページです、説明しっかりしてます。






ネットショップArtAnneRose
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.