FC2ブログ
漆器蒔絵のお皿

漆器蒔絵のお皿

個展のレセプション用にと思って落札した漆器のお皿、届きました。
美しい!

41215840_2019253201487680_3078252942793375744_n-1.jpg

明治の末に作られたようです。20枚あります。

20.jpg


41210465_2019253254821008_8943743161641992192_n.jpg

41155324_2019253341487666_3408579096572067840_n.jpg

41306591_2019253378154329_6904811681017233408_n.jpg

IMG_1379.jpg
吉本さんというお宅であつらえたんですね。

なんかあまりに綺麗すぎて、これ徳島のアンティークショップから届いたのですが、
現代には考えられないほどの
美意識を高く日常を過ごしていた昔の一般の日本人に誇りさえ持ちます。
IMG_1383-1.jpg


41294295_2019253224821011_8218003017010511872_n.jpg

,,,,
このお皿をじっと見ていると
100年前の四国の良いとこのお家が目に浮かびます。

普段は質素な食事や服装でも、婚姻とかハレの日に、蓋つきの什器にご馳走を並べ、デザートには蒔絵の漆のお菓子皿で上等な和菓子をだして、お客様に振る舞ったのでしょう。

そしてそんな日は年に数回、あとは一家の主婦が使用人を使って大切に丁寧に保管して、お蔵にしまっておいたのでしょう。

箱は長年の経年がありますが、、だって明治の末ですから大正が15年、昭和が64年。平成が30年ですから115年くらい前のお皿なんですね、、、、

中は新品のようです。
だって年に恐らく数日しか使わないんですものね!



でも私はこれから日常で使います。

毎日こんな美しい器でご飯をいただくことを考えただけで、なんかすごい楽しい!シアワセ!
本来は菓子皿らしいですが、お菜を入れても良いと思います。

IMG_1918.jpg


IMG_1391.jpg




このお皿に入れたくて、千葉まで蝶々の巻き寿司習いに行きました。
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1028/</span>">https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1028/

、、、、この器を眺めていると、普段はかなりガサガサわさわさとして、雑多な中で暮らしている私ですが
あと10年かけて優美という所作を身につけたくなりました。
41323164_2019253244821009_6644251962382483456_n.jpg

本物の絵を目指し、人として真っ当に生き、綺麗なものや気持ちが日常にある生活、それを綺麗な所作で行う、、、
改めてそれを目指しましょう!


それがこんな大変な手作業でお皿を作った方への礼節です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/蒔絵</span>">https://ja.wikipedia.org/wiki/蒔絵

とりあえずこのお皿は冒頭にも書いた通り、秋の個展のオープニングで使おうと思います。こんなステキな器で何か召し上がっていただきながら、心血を注いだ作品を見ていただくのも、趣があって良いと思います。来てね!


個展のお知らせ
70891708_2607971359282525_6443772724480311296_n.jpg
70692866_2607971552615839_4494100860518793216_n.jpg


制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?



応援ありがとうございます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


シニアライフランキング


現代アートランキング





連絡、お問い合わせはこちらから







どれからもHPに飛びます。
















ArtAnneRoseは現代美術家です。


Artは好きだけれどなんとなく難しい、敷居が高いと思われたことはないですか?またお高いんでしょう?と思われたことはないですか?
Artをもっと身近に!というコンセプトから,
スマホケースやクッションを作りました。

クッション
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg

1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg
a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記









関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.