FC2ブログ

殺人てどうなんだろ

RS=^ADBIZ7gPH6LuTTR1kAb1P_N


ひとよ という映画つながりで一言

殺人について。
この映画では根幹をなす定義に、主人公の田中裕子演じるお母さんが、子供に対する度重なる実の父親の暴力を終了させるために殺したという骨があります。

つまり三人の自分の子を暴力虐待から守るために加害者であるお父さんを殺してしまうのです。

映画の出来以前の問題なのですが、これは現実の話ではないかもしれませんが、私は殺人という前提で物事を進めるのはそれは絵空事なら良いですけど、実際はこのプロットは甘いんじゃないかと思ってます。

この映画の出来はともかくとして根幹が甘いんじゃないかと。

殺人て重いことです。それは最後の手段だと思います。または
因果の法則ではずみか。。。。。

というのは、リアルに、40年前に、ヤク中になったご主人に顔を豚まんのようにボコボコにされて、監禁された友達が実際いました。
彼女は当時高校生2人と小学生だった末の女の子を連れて行政の力を借りて地方に逃げました。
どんな具合かというと日常の沿線上で、まず高校に関係者がいき、いまから荷物をまとめなさい、すぐ地方に行くよと言われるわけです。
友達も着の身着のままで家を出て、まずある場所に移動するわけです。
そこから東京から離れた地方都市に逃げました。
そして折を見て、うちら友達が旦那さんがいないときを狙って、合い鍵で玄関をあけ生活用品を搬出するわけです。

行政には40年前から、そういうお助け寺みたいな部署はあったのです。

そこで数年じっとしていて、住所も数年間親にも友達にも秘密で、
彼女はまず普通に働いて、数年後子供を国立大学に入れました。
友達の私たちが住所を知ったのは5年後でした。

映画の主人公も三人も子供をなすということはそれなりの信頼関係がご主人とあったのにも関わらず
どうして殺人なんて大事にしたかなあと思います。
子供がはじめに傷だらけになった時に、行政に相談しなかったんだろうか。

ご主人は多分飲酒か薬で頭がいかれたときに虐待をするのだと推測します。

アル中ならば殺人する前に断酒の会とかに旦那さん行かせるとかどうしてしなかったのだろう。

つまりリアルな現実では殺人を犯す前に幾重にもそれをクリアできるいろんなシステムがあるのに、映画はそこらへんが触れてなかったので、極端すぎるなとか思ってしまったのでした。


応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング





連絡、お問い合わせはこちらから







どれからもHPに飛びます。












ArtAnneRoseは現代美術家です。


Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。]


クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg

1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg
a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記













関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ArtAnneRose

画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

プロフィール

ArtAnneRose

Author:ArtAnneRose
画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード