FC2ブログ

きみのこえさんの 精度と愛情のある占い鑑定(改訂版)

アフガニスタンの中村哲氏がお亡くなりになったことをネットで読んでいると、仕事中なのに泣けてきて困りました。それを受けてブログの記事を改定しました。
氏の偉業の足元にも及ばないかもしれないけれど、家庭で職場で、自分のできるところで愛情込めて人と接していきたいと切に望みました。そしてこないだ占見てもらった人はそんなスタンスで占い鑑定をされている方だと思い、記事を書き換えました。


79704618_2780187855394207_45423634252038144_o.jpg



去年の秋頃から、何故か身辺の整理整頓が多発しました。

まずお手洗いの蓋が壊れて買い替え、
77368094_2780187078727618_2294562015617744896_o.jpg

78593937_2780187122060947_6923971762052923392_o.jpg


テレビが壊れて中古ですが買い替え。そのあとガスレンジを修理し、プリンターが壊れて買い替え、パソコンと外付けハードディスクが壊れて買い替えました。涙目。


そして倉庫の引き上げがあり、何ヶ月もかかって家のものを大量に捨てて画材や作品を入れる部屋を作り、家の中もリノベーションで全部白に塗り替えました。

78891664_2780187888727537_8578596002892611584_o.jpg

79120452_2780187902060869_8003836942401667072_o.jpg


78635748_2780188198727506_4694198125504495616_o.jpg

78337088_2780187162060943_8536121606718619648_o.jpg

78470223_2780187428727583_4486628377632964608_o.jpg


79127092_2780187555394237_7188002093435715584_o.jpg


78367550_2780187442060915_7353107860428947456_o.jpg

78334973_2780188148727511_2091612462850768896_o.jpg

そのうち住んでいる建物まで大補修が決定し半年くらいかけて外壁廊下エレベーター、ベランダの床、修理やペンキ塗りが行われました。この時外壁を何ヶ月も覆っていたのでダニが出て、布団も全て街の大型コインランドリーと乾燥機で洗い直します。

と、ここら辺までゃちょうど平成から令和に年号が切り替わり、私も同じように新生令和で同じように新しく生きていくんだと思ってました。
78172064_2780188212060838_6358529327440592896_o.jpg


78224921_2780188405394152_8666422079731531776_o.jpg

それから子供二人のの結婚と弟の子供の結婚があり、

79374342_2780188332060826_6750501443171516416_o.jpg

78406676_2780188562060803_5169494367714410496_o.jpg


秋口には会社都合の仕事短縮が決定しました時に、これはーと流石に考えました。
いったいなにが起きてるの?
変化ありすぎ〜。


ちょっと職がなくなりかけて
気弱になったんですね。
お金なくなったらえらいことですからね。

ArtAnneRoseのArtな生活は、たとえ貧しかろうが、いくばくかの収入を得ることで成り立ってますからね。

それでたまたま何気に見たネットの占い師さんにみてもらいました。

きみのこえ。さんです。

2、3記事を拝読させていただいたて決めたのですが

なんかものすごく人が好きみたいで、人情がある方のように感じました。



その例がこの記事です。

あなたが副業すべき理由と、ノーリスクの副業6つ


これ直接占いのことを書いているわけでは」ありませんが、人として一生懸命こんなやり方もあるよと書いてくださってます。


もう一つはこれ。
【無料あり】電話占いについて

ご自分に利があるわけでもないのに、調べた無料で占いできるサイトを網羅して並べてあります。
単に興味があっただけかもしれませんが普通、商売をやる人間としてはかなりの太っ腹です。
きっとご自分も興味があったのと、ご自分の
本格的な占いと通り一遍の無料占いと分けてらっしゃるのでしょうね、


ちなみに先生の鑑定は自分の生年月日生まれた時間を送るだけです。


先生はこう書いてきました。
「今かるく拝見したところ、
おっしゃるように去年の秋頃から、
28年周期の大きな運の新しいサイクルに入っています。」

え〜〜〜、ほんとですか〜〜?やっぱりそうだったんだ、整理整頓してまた新しいことを始めるんだ、、、、

先生が書いてきたことは驚きの連続でした。

「【進行の月】の28年はおおまかに、
始動期、準備期、盛期、まとめ期といった、起承転結にわけることができます。
そしてArtAnneRoseさんは去年の秋頃、この始動期の入口に立ったところ。
前回入り口に立った時は、1991年梅雨の頃でした。」
。。。1991年、6年ぶりに、銀座の画廊で個展をしました。この年からほぼ毎年、銀座での発表がスタートしました。

no170.jpg



「追って1992年に価値観を固定するタイミングがあり、その後名実ともに新しい生活がまわりはじめた感じかと思います。」
。。。。。そう、1992年と言えば、ちょうど洋紙から和紙に切り替えた時です。
no84_thumb_1-1.jpg

no86_thumb_2.jpg


「また、1988〜1991年には冥王星という底力や強制力の星が、
私生活や感情を示す月に改革を求めていました。
気分的にはしんどかったでしょうが、生活一変という感じだったのが読み取れます。
2〜3年くらいかけて徹底的に生まれ変わらされたのではないでしょうか。」
。。。。そう、作家と家庭人の両立を徹底的に鍛えられた初めの頃ですね。
no40.jpg



「さて【進行の月】は2022年夏頃から所有と消費の部屋に入ります。
お金を儲けること・使うこと、資質を消費してなにかをつくりだすことに関係する部屋です。
前回のサイクルでは1994年頃に入室したのですが、
これがかなり豪華なタイミングで、
渾身の自己表現を社会に表す相、それを受け取ってもらいやすい相などができていました。」
。。。。。このころはいろんなコンクールに応募する時期でした。
1996.jpg

p70.jpg

no248_thumb.jpg

1998年 ◆佳作賞受賞 《`98公募第11回全国和紙画展》(岐阜県.美濃市)
1998年 現代墨への挑戦`98東海テレビ墨画展》(愛知県.名古屋市)
1998年 《第34回神奈川県美術展》
1998年 《第2回雪舟の里 総社 墨彩画公募展`98》(岡山県.総社市)
1998年 ◆奨励賞受賞 《第5回水彩展OHARA》大原美術館(千葉県.大原市)
1997年 《第33回神奈川県美術展》
1997年 ◆特別賞受賞 《第4回水彩展OHARA》大原美術館(千葉県.大原市)
1996年 《第25回現代日本美術展》
1996年 ◆特選賞受賞 《第32回神奈川県美術展》神奈川県民ホ-ル(横浜市)
1995年 《THREE EXHIBITION》東邦生命ギャラリ(- 渋谷)
1994年 《第4回紙わざ大賞展》(静岡県.島田市)
1993年 ◆松濤美術館賞受賞《松濤美術館公募展》 松濤美術館(渋谷)

「月は2000年春頃に心理や家庭環境の部屋に移りましたが、
ArtAnneRoseさんの人生そのものの枠、
つまり価値観とか将来イメージを根底から覆してくる相と、
感情面や私生活で人と引き離され独立する相ができていて、
結構しんどいタイミングだったと思います。」
。。。。。2000年年末に旦那さんが亡くなってしまいました。



「ArtAnneRoseさんの2011年のお誕生日は、地震の後の初めての満月でした。
「長くやっていたことを完成させるとか〜」の相とあいまって、
完成させることが強調されていた感じです。
で、独自性・独立などを象徴する大きな相が、
2010年4月末にはじまり、9月中旬頃・2011年2月下旬頃まで形成されていました。。。。。。
。。。。。このころSANSUIという神々が宿る日本の大地をイメージさせる代表シリーズ、四角い宝石シリーズを作るのですね。。。。。
hakusann42.jpg
53310305_2277048692374795_2517201682744475648_n.jpg


と、このように、へえっと驚くことばかりでした。、、、私も、もうそれなりに長く生きてきたし、いろいろなことを経験したので。自分の人生は基本白紙で自分で作り上げていくものとだと思っています。

でも調度台風の進路を知って、色々備えたりするように、それぞれの星の配置で生まれる可能性のある様々な事に対して、備えたり準備したりするのは良いのではないかしら?備えあれば憂いなしって言うしね。


自分の鑑定をお願いしてわかったのですが
、、、、おそらくこの精密さは相当学術的に学問として占星術で研鑽を積まれた方とお見受けしました。

そしてなぜ、上に例としてあげた二つの記事で、色々な副業のこととか、お金のない人のために無料でできる占い会社の記事を一生懸命にお書きになるかというと、

おそらく先日アフガニスタンでお亡くなりになった中村哲氏ではありませんが、同じように、人が大好きで、人を自分の持っている技で人を救おうとしてらっしゃるのではないかしら。

そう、誰もがみんな心に中村哲氏の精神を持ってると思うのですね。
氏の偉業に誰もが足元にも及ばないけれども、仕事を通して家庭を通じて、人に愛情を向けることはできると思うのですね。
きみのこえ先生にはそのような印象を持ちました。

、、、、、そして自分もまた、Artを通じて人を幸せにできたらと切に願いました。。。。。。


何か気になることがおありな方は一度みてもらうのも良いかもしれません。

その気になることを解決するのは自分自身しかできませんが、全く違う角度からヒントを与えてくれることもあるかもしれません。

私は職を無くしかけた後だったので、「仕事」でお願いしましたが、恋愛とか子供とか色々あるようです。



このかたの鑑定はこちらから


きみのこえ
https://kiminocoe.com/



応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング





連絡、お問い合わせはこちらから







どれからもHPに飛びます。












ArtAnneRoseは現代美術家です。


Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。]


クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg

1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg
a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記













関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ArtAnneRose

画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

プロフィール

ArtAnneRose

Author:ArtAnneRose
画家浜田澄子のblogです。自然大好き。和紙のコラージュで作品を作っています。

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード