FC2ブログ
松花堂弁当と幕の内弁当の違い

松花堂弁当と幕の内弁当の違い

RS=^ADBCOI9mOk1M5a7J1JiAOgN4_jD_4Y-

松花堂弁当しょうかどうべんとう)って知ってますか?

、、、、中に十字形の仕切りがあり、縁の高いかぶせ蓋のある弁当箱を用いた弁当。

仕切りのそれぞれに刺身、焼き物、煮物、飯などを見栄え良く配置する。

盛り分様式としては、ごはんと数種類のおかずを組み合わせたものであり、幕の内弁当に似ているとも言え、しばしば混同もみられる。
RS=^ADBD8j_INr4lByXvFtwSeCiCP2qYCc-


しかし源流は、幕の内弁当が武家の儀礼的な食事である本膳料理の流れを汲む江戸時代に遡るものであるのに対し、


松花堂弁当は懐石料理(茶料理)の流れを汲み昭和になってから誕生した様式であり、歴史は大きく異なる。
RS=^ADBU9UilLRjEvXCMrqHrgCQLmCYNzg-

「松花堂」の名は、江戸時代初期の石清水八幡宮(京都府八幡市)の社僧であった松花堂昭乗(1584年(天正12年) - 1639年(寛永16年))に因むものである。昭乗は、農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、絵具箱や煙草盆として使用していた。

その入れ物が松花堂弁当に発展したのは、それから数百年たってからである(昭和の始め(1933年(昭和8年))頃とされている)。貴志彌右衛門の大阪(桜宮)邸内の茶室「松花堂」で茶事が催された折、彌右衛門が後年日本屈指の名料亭「吉兆」の創始者となる湯木貞一に、この器で茶懐石の弁当をつくるようにと命じたのがはじまりである(昭和8年「西田幾多郎日記」 太田喜二郎「絵茶會記」より)。

RS=^ADBN3majoquCyJBm6R93J19_FdSxsE-

 その後、毎日新聞が<吉兆前菜>として取り上げたことで話題となり、松花堂弁当の名が広まった。十字形の仕切りがあることで、見た目が美しいだけでなく、互いに味や匂いが移らないと考えたためである。湯木は、他家から松花堂弁当の依頼を受けると、その都度貴志家への挨拶を怠らなかったという。

異説として「松花堂昭乗が、上記の十字の仕切りがはいった箱に料理を盛って、来客をもてなした」とするものもあるが、おそらくこれは後世の創作、あるいは誤解に基づくものであるとされている。

RS=^ADBCOI9mOk1M5a7J1JiAOgN4_jD_4Y-

幕の内弁当

幕の内弁当

幕の内弁当(まくのうちべんとう)とは、白飯と数種類の副食(おかず)からなる弁当である。長い歴史を持ち、細かな定義や特徴については諸説ある。

白飯と副食とを組合わせ、単なるおにぎりなどと比べると手のこんだ弁当が「幕の内弁当」と呼ばれるようになったのは、江戸時代後期で[† 1]、「江戸時代の芝居文化にあらわれた弁当」の総称と定義されることがある[1]。はじめは芝居見物の際に役者や裏方のために作られ、やがて観客向けのものが登場し発展した[1]。こうした弁当はやがて規格化され、量産されるようになった[2]。

『守貞漫稿』(1837年(天保8年)起稿)によると、江戸時代末期には握り飯に副食物を添えた弁当を幕の内と呼んでおり[† 2][3]、最初に作ったのは芳町にある万久という店であった[3]。幕の内弁当はやがて芝居に限らず病人への見舞いや贈答にも用いられるようになった[2]。

明治以降、幕の内弁当は駅弁の様式のひとつとして広まった。明治22年(1889年)、兵庫県姫路のまねき食品が、握り飯一辺倒だった駅弁に導入したのが始まりであり、12銭(現在の2千円~3千円ほど)だったという[4][† 3]。(駅弁自体の最初期は諸説あるが明治10〜17年頃で、握り飯と香の物が添えられた簡素なものが5銭程だった)

駅弁は容器の回収ができないことから、使い捨ての経木の折詰に盛る方法が広まった。







、、、、だそうです。ウィキペディアの説明が詳しいけれどうやや難しいので、もっと簡単な説明はないかとネットで探したらありました。

「幕の内弁当」と「松花堂(しょうかどう)弁当」の違いは何ですか?



コンビニやお弁当屋さんに行くと必ずといってよいほど見かける「幕の内弁当」は、色々なおかずを食べられるお弁当として人気があります。
RS=^ADB3MBub7oFk7ebWSqHmUVa_YqoXWw-

一方、「松花堂弁当」は「お弁当」のはずなのにお弁当屋さんなどで見かけることは少なく、日本料理店などやや格式が高いイメージがあります。

どちらも同じお弁当であるはずなのに購入できる場所やイメージに大きな違いがある幕の内弁当と松花堂弁当ですが、どんな違いがあるのでしょうか。

手軽で庶民的な「幕の内弁当」
幕の内弁当の「幕の内」とは、芝居の「幕間」という意味で、名前のとおり「芝居の休憩時間(幕間)に食べるお弁当」として考えられたのが発祥だといわれています。
RS=^ADBYmW6EymVAPMUREgX75ANnuZObBI-

短時間でも手軽に食べられるよう、ご飯は俵型のおにぎりになっているほか、衣服を汚したり持ち運んでいる間に汁がこぼれたりしないよう、水分が多いおかずを極力入れず揚げ物や練り物、焼き物が主体です。

庶民的なお弁当なので演劇の幕間はもちろん、お花見や遠足といった行楽シーンに最適といえるでしょう。
RS=^ADBApzHlOre1f3hAUmvYmMdbOrRWk8-




「松花堂弁当」は弁当スタイルの懐石料理
一方、松花堂弁当は江戸時代の画家であり、僧侶でもあった松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう)が十字の仕切りがついた箱を茶会などで利用するようになったのがきっかけだといわれています。

十字の仕切りがついた箱の中には小鉢に盛り付けられた料理が入っており、料理の内容は刺身、煮物、焼き物など懐石料理にならっているのが特徴です。

また、正式な松花堂弁当の箱の中に入っているのはおかずだけで、ご飯や汁物は椀に盛られた状態で提供されます。

松花堂弁当は箱を使用していることから弁当と呼ばれていますが、お弁当というよりは「お弁当スタイルの懐石料理」というべきもので、幕の内弁当のように「ササッと手軽に食べる」のではなく、ゆっくりと時間をかけて見た目も味も楽しむものといえるでしょう。

本式の懐石料理よりは手軽ですが、幕の内弁当に比べると格式が高いものなので、ハレの日のおもてなし料理などに適しています。




「幕の内弁当」と「松花堂(しょうかどう)弁当」の違い






なるほどねえ。


もっとシンプルな説明の記事もありました。


「幕の内弁当」とは、白飯と多品種のおかずを詰め合わせた弁当で、押し型で俵型に成型された白飯に、胡麻をふりかけ梅干を乗せたものと、玉子焼き、かまぼこ、焼き魚、揚げ物、煮物などを少量ずつ弁当箱などの容器に詰めたものが一般的です。


「幕の内弁当」の起源は諸説ありますが、江戸時代中期に、芝居における休憩時間の「幕間(まくあい)」に食されたことが由来とされる説が有名で、本膳料理の流れを汲んだ料理とされています。
現在では、駅弁や弁当専門店、コンビニエンスストアなどで、紙容器やポリ容器で販売されている弁当のうち、「から揚げ弁当」や「焼き肉弁当」といった特定の食材を重視した弁当ではなく、多種多様なおかずを少量ずつ詰め合わせた弁当の総称として「幕の内弁当」が使われることが多いです。
makunouchibento.jpg







一方「松花堂弁当」とは、十字形の仕切りがある弁当容器を用いた弁当で、仕切りのそれぞれに刺身、焼き物、煮物、白飯などを盛り付けた小鉢を配置したものが一般的です。

「松花堂弁当」の起源は、昭和初期に茶室「松花堂」で催された茶事で、料亭「吉兆」創始者の湯木貞一氏が、江戸時代に絵具箱や煙草盆として使われていた器を用いて作った茶懐石の弁当で、懐石料理の流れを汲んだ料理になります。
近年では十字形の四ツ仕切以外に、六ツ切仕切や九ツ仕切の容器が用いられることもあります。

syoukadoubento.jpg




なるほどなるほど、


そうこうしているうちにオークションで落札した松花弁当の入れ物が届きました。


39926350_1998596966886637_2485950710424797184_o.jpg


えーじゃん!

これで520円。送料の方が高いです。

お刺身と揚げ物と酢の物と煮物でさまになるかな!


39914693_1998596893553311_3026155380334919680_n.jpg








制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?


お友達の結婚の祝いの作品
64773114_2448205321925797_2924209448186544128_o.jpg

新居祝いとかにいかがでしょうか?


同じような絵はまだ4点ございます。
1 内在の土地A
PA280155のコピー3

2 内在の土地B

PA280157のコピー

3 内在の土地C

PA280156のコピー2


4 内在の土地D
PA280154.jpg



絵の大きさ30センチ正方形 50センチの白い立体フレーム付き  各70.000円



連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング






ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg

1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg
a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記















https://kiminocoe.com/">精度を極めたみちのこえさんの鑑定https://kiminocoe.com/








関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.