fc2ブログ
たいらえつこさんの「芥川龍之介の恋文」

たいらえつこさんの「芥川龍之介の恋文」

  • 音楽
  • 0
  • 0
9.jpg







琵琶奏者えつこさんのお家で遊んでます。

えつこさんは千葉九十九里浜のご出身です。九十九里浜には、上総一ノ宮というところがあって、一ノ宮館という、文豪芥川龍之介が泊まった離れがあるのです。

http://www.ichinomiyakan.com/akutagawa/main.html


ここで、芥川龍之介はのちに奥様になるふみこさんに恋文を書いています。


「大正五年八月廿五日朝 一の宮町海岸一宮館にて
文ちゃん。

僕は、まだこの海岸で、本を読んだり原稿を書いたりして 暮らしてゐます。

何時頃 うちへかへるか それはまだ はっきりわかりません。


が、うちへ帰ってからは 文ちゃんに かう云う手紙を書く機会がなくなると思ひますから 

奮発して 一つ長いのを書きます 


ひるまは 仕事をしたり泳いだりしてゐるので、忘れてゐますが

夕方や夜は 東京がこひしくなります。

さうして 早く又 あのあかりの多い にぎやかな通りを歩きたいと思ひます。

しかし、東京がこひしくなると云ふのは、

東京の町がこひしくなるばかりではありません。

東京にゐる人もこひしくなるのです。

さう云う時に 僕は時々 文ちゃんの事を思ひ出します。

文ちゃんを貰ひたいと云ふ事を、僕が兄さんに話してから 何年になるでせう。

(こんな事を 文ちゃんにあげる手紙に書いていいものかどうか知りません)

貰ひたい理由は たった一つあるきりです。

さうして その理由は僕は 文ちゃんが好きだと云ふ事です。

勿論昔から 好きでした。今でも 好きです。その外に何も理由はありません。

僕は 世間の人のやうに結婚と云ふ事と 


いろいろな生活上の便宜と云ふ事とを一つにして考へる事の出来ない人間です。

ですから これだけの理由で 兄さんに 文ちゃんを頂けるなら頂きたいと云ひました。

さうして それは頂くとも頂かないとも 

文ちゃんの考へ一つで きまらなければならないと云ひました。

僕は 今でも 兄さんに話した時の通りな心もちでゐます。

世間では 僕の考へ方を 何と笑つてもかまひません。

世間の人間は いい加減な見合ひと いい加減な身元しらべとで 

造作なく結婚してゐます。僕には それが出来ません。

その出来ない点で 世間より僕の方が 余程高等だとうぬぼれてゐます。

兎に角 僕が文ちゃんを貰ふか貰はないかと云ふ事は

全く文ちゃん次第で きまる事なのです。

僕から云へば 勿論 承知して頂きたいのには違ひありません。

しかし 一分一厘でも 文ちゃんの考へを 無理に 脅かすやうな事があっては 

文ちゃん自身にも 文ちゃんのお母さまやお兄さんにも 僕がすまない事になります。

ですから 文ちゃんは 完く自由に 自分でどっちともきめなければいけません。

万一 後悔するやうな事があっては 大へんです。

僕のやってゐる商売は 今の日本で 一番金にならない商売です。

その上 僕自身も 碌に金はありません。

ですから 生活の程度から云へば 何時までたっても知れたものです。

それから 僕は からだも あたまもあまり上等に出来上がってゐません。

(あたまの方は それでも まだ少しは自信があります。)

うちには 父、母、叔母と、としよりが三人ゐます。それでよければ来て下さい。

僕には 文ちゃん自身の口から かざり気のない返事を聞きたいと思ってゐます。

繰返して書きますが、理由は一つしかありません。

僕は文ちゃんが好きです。それでよければ来て下さい。

この手紙は 人に見せても見せなくても 文ちゃんの自由です。

一の宮は もう秋らしくなりました。

木槿の葉がしぼみかかったり 弘法麦の穂がこげ茶色になったりしてゐるのを見ると

心細い気がします。

僕がここにゐる間に 書く暇と書く気とがあったら もう一度手紙を書いて下さい。

「暇と気とがあったら」です。書かなくってもかまひません。

が 書いて頂ければ 尚 うれしいだらうと思ひます。

これでやめます 皆さまによろしく

芥川龍之介」


えつこさんはこの恋文を題材に


語り部もしています。




https://www.facebook.com/sumiko.hamada.7/videos/2971991536213837/

芥川龍之介の女性に対する純朴な感じがよく出ているのではないでしょうか?






170926-1.jpg









制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?


お友達の結婚の祝いの作品

新居祝いとかにいかがでしょうか?
64773114_2448205321925797_2924209448186544128_o.jpg


同じような絵はまだ4点ございます。
1 内在の土地A

PA280155のコピー3




2 内在の土地B
PA280157のコピー


3 内在の土地C

PA280156のコピー2



4 内在の土地D

PA280154.jpg




絵の大きさ30センチ正方形 50センチの白い立体フレーム付き  各70.000円



連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング






ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg

1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg
a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記















https://kiminocoe.com/">精度を極めたみちのこえさんの鑑定https://kiminocoe.com/















関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.