FC2ブログ
MOTHER

MOTHER

  • 映画
  • 0
  • 0
MOTHER見てきた。そして原作の 誰も僕を見ていないを拝読しました。

640.jpg



本

胸が痛すぎる。


https://www.youtube.com/watch?v=RBBE901vuFg



電気もガスもとめられて 
お湯が沸かせない家で
お母さんが愛人と出奔して何日も帰らないアパートで
男の子がカップラーメンを暗がりでかじるシーンが初期にあって
もうがまんができなかった、泣くでしょ。
maxresdefault.jpg




しかしこれすらひどい虐待なのに、この程度のことはまだ序の口と言えるくらいで

事実は凄惨と言っていい虐待だった。

映画では触れてなかったけど義父が性的なことを小学生の男の子に強制することもあったそうだ、

それだけではなく苦力クーリーのようにこきつかい、少年が働いて得たお金をパチンコ、ゲームセンターで遊ぶためにすべてまきあげてしまう。


果てには金に困って実の祖父祖母の強盗殺人までやらせてしまうところに


麻原彰晃とか北九州殺人事件と同じ洗脳を感じました。


こういうことが平気でできるというのは
つまり教育的なものに対する社会性人間性がが著しく低いのだと思う。

溺愛に所有の概念が混ざったら、それは強力なエゴになってしまう。

哺乳類が持っている、親はいずれ子供を手放して、本人に自在さを与えるというプログラミンクを

この母親はかけらも持たないところになにか脳の欠損のような病的なものを感じた。



彦坂先生はおっしゃっていた。
「母親というのは、伝統的には、危険なもので、子供を食い殺すものなのですよ。
猿のボノボが、似ていますね。日本の伝統的な女性は《象徴界》の教育が成立していましたが、そういうものがなくなって、メス猿のような原始的な自然性に退化してしまったんでしょうね。


この少年に
これしか選択がなかったのが痛い。



役者は全て良質で上手い役者を揃えてあります。

毒親を演じた長沢まさみは芸歴が20年と長く、演技者として研鑽を積んできた女優さんだが、

美人があだになって本当は演技が上手いのに浅く見られるというという気の毒なところがあったように思う。

近年、この映画らやキングダムの女王やら、散歩する侵略者の心を病んだ主婦やら大泉洋のゾンビ物やら、
海街ダイアリーやら、詐欺師のダー子やら、

話題作に出て器も幅も深さも増した。

日本映画を引っ張る女優さんだと思う。
maxresdefault-2.jpg


107814140_3290380777708243_6677815289563299327_n.jpg

義父を演じた阿部サダヲ、この人は演技がうまく個性がものすごく強いのに 相手の女優さんを食わないで輝かせるということもできて つまり ワキとシテを同時にできるという不思議な才能を持っている。
maxresdefault-1.jpg



主人公の少年をえんじた役者は二人いて、子供時代、少年時代、両方ともに演技が素晴らしかった。

子役時代の郡司翔の、おかあさんを追いかけて歩く後ろ姿のうなじから肩にかけての腺の細さに涙した。

476202.jpg



少年時代の奥平大兼は新人だそうだが、また日本映画に1つの魅力的な才能が現れた感じがした。
476198.jpg


476200.jpg



毒母が毒義父と夜逃げする時、従順な男の子、初めて反抗する。

俺行きたくないんだけど。
学校に行きたいんだけど。
ここにいちゃダメ?

このせりふの行間が、もう精一杯の意思主張したなと思わせる顔のヒクヒクやまぶたの痙攣や、ようやく時間かけて言った息子に、その行間や暗い瞳はどうしたら演じられるの?と驚嘆してしまった。

映画では毒母は
お前嫌われてるから。
学校に行っても嫌われるよ!
お前臭いし!
嫌われるよ!
と言って子供の申し出を却下します。
その瞬間
子供の人間としての尊厳や微かな希望が崩壊してくのがその表情、重たい足取りでわかるのだ。

夏帆はまたこの映画でも重要なな役割、映画を見る私たちの眼差しを反映する役ところなのだが、そういう無個性な透明な部分を100パーセント演じていた。




この男の子が
今回映画になったこの本を書くきっかけになったのが
そういうおれみたいな子供がいることを
社会に知ってもらいたいという
思いだったそうだ。

がから私は忘れない。

main2_DSC8668.jpg





制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?








お友達の結婚の祝いの作品

新居祝いとかにいかがでしょうか?
64773114_2448205321925797_2924209448186544128_o.jpg


同じような絵はまだ4点ございます。
1 内在の土地A

PA280155のコピー3



2 内在の土地B
PA280157のコピー

3 内在の土地C

PA280156のコピー2


4 内在の土地D

PA280154.jpg



絵の大きさ30センチ正方形 50センチの白い立体フレーム付き  各70.000円



連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング






ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg



1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg



a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記















https://kiminocoe.com/">精度を極めたみちのこえさんの鑑定https://kiminocoe.com/















http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2018kawaguri.html
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.