FC2ブログ
佐藤洋一氏と三浦春馬氏のこと

佐藤洋一氏と三浦春馬氏のこと

118988233_3455916207821365_7606361545412113453_n.jpg


118940480_3455916254488027_1431110688424395358_o.jpg


佐藤洋一氏と三浦春馬氏のこと
令和2年、
うちには男の子の孫が二人も生まれて
生の素晴らしさを堪能する日々だが
7月18日に
俳優の三浦春馬さんが首を釣って自死されて、
心にヒビが入り
痛くてたまらなかった。



親近感は持っていたけど
別段コアなファンでもなかったけど
御供養代わりに改めて拝見させていただいた映画やドラマや舞台やTVの番組ががクオリティが高くて
こんな努力して努力して努力して、謙虚がなお人柄の、将来もいくらでも希望に満ちていたビジュアルの美しい青年が
なぜ自死を選んだのかということに
心が痛んでしようがなかった、



男の子の30歳と言ったら、これからじゃんね。
結婚して子供ができて、仕事も
いよいよ油がのってきて、、、
そのときに
絶望して死を選んだということが
世の中の無常を煽ってしまった、




そしてもしかしたらと思ったのが
三浦春馬氏はアーティストとして、死をもって生を輝かせようとしていたのではないかという仮定だった。
彼はエンターテインメントの世界で7歳の頃から
23年間も生きていたプロだった。
そして私が御顔を拝見させていただいて思ったのがこの2年くらい、
心と身体がくっついていなくて
分離していた。



喩えていうならばパペットを操る
人形師みたいな感じ?



これはキツいと思った。



心と身体が離れているので
海の中をスローモーションで歩くように、
身体が重いことだろう。



頭は冴えまくっているので
そんな自分を
俯瞰で見て、
クールに笑うことだろう。



でも仕事の時は
社会人をしなくてはいけないので、普通の常識的な反応をしなくてはいけないので
とてもキツいだろう。


本当は人はだれでも死ぬのだから、安心して、生の自分をただ高めて堪能すれば良いだけだった。
しかし


分離のある人にとっては生の実感が取りづらいので
自分の人生に死という闇を与えることで生をきわだたせるという、ヘッドトリップ的なことをしないと
レゾンデエトル、自分の存在意義が実感できなかったのかもしれない。



それで思い出すのが茅場町のギャラリーの佐藤洋一氏で
彼は2008年早々、自分の主催するギャラリーで、芸大院生のグループ展の最中、遺書を7通か8通残して
首を釣って死んだ。


私は彼が亡くなる10日前、2007年12月にここで個展をさせていただいており、
佐藤さんとは比較的長く話していた。



彼とは2000年の表参道画廊の個展以来の付き合いで、表参道画廊の同じ敷地の左端の小さな画廊が時爆爆弾画廊(名前が違うかもしれません、)
こんなニュアンスの名前のギャラリーのオーナーだった。


その時感じたのは、アートの感覚はとんがっているけど、人間としては人の良いやや饒舌なお兄ちゃんで、
ずいぶんとアートのことやら恋愛のことやら語り合ったものだった。



数年後、個展の案内状が画廊主としてはなく、作家としてきて、伺ったら、佐藤さんは変わっていた。



まずにこりともしないで
天井の桟を指差した。



(浜田さん、これ双子の、僕の兄弟なんです。」
指刺す方を見上げたら、ギャラリーの天井に近い桟に
ブリキでできたベラベラの身長15センチほどの、ブリキのお人形が腰掛けるように座っていた。
ギャラリーにはとりたててほかの展示物はなく、今回の個展は
その双子の兄弟とおっしゃったブリキのお人形が展示物のようだった。



私は
発言に困り、すぐさまギャラリーを出てしまった。



それからまた数年経って、また佐藤さんから連絡があり、今は茅場町でまた違うギャラリーをやっているので、
はまださんうちで個展をしませんか?ということだった、
久しぶりに連絡をくださった佐藤洋一氏は、
個展でお会いした時よりは目は笑っていなかったけど、少しは社会人のように振る舞われていた。
わたしには佐藤さんの変化に若干の不安はあったものの、承諾した。



そして
実際の私の個展では大変な労力と、細やかな愛情をかけてくださって、最高のギャラリーオーナーだった、





しかし気になったのが
親しく話しているとひっきりなしに携帯がなることだった。
その度に失礼と言って席を立たれるのだけど
あまりに多いので
サラ金とかに手を出したのかと心配した。
あとでわかったけど
それは女性からの連絡だった。
そんなこんなの中で彼が目をキラキラさせて言ったのが
浜田さん、俺この人の作品、最高にカッコ良いと思うんですよねーという作品だった。
それは日本の女性のアーティストの作品でロバだかヤギだか忘れたけれど
まるで首吊りのように
天井から吊る下がっているインスタレーションだった。
浜田さん、これ、最高にカッコ良いでしょ。
私は
ヤギならばよけい、宗教的な意味合いも出てくるので
デリケートな作品なので
佐藤さんには賛同しかねた、
第一
天井から釣ってあるの不気味でコワイ。
私は返事に窮し、そ、そう?そうかなとしかいえなかった。
そんなことがあっても個展はなんとか無事終了し
佐藤さんは
その後、年明けにいきなり
タバコもお酒もやめる決心をしますという宣言をmixiで唐突にした後、
mixiの記事自体も
削除してしまった。
私は自分の個展の直後だったので記録がなくなってしまったことに酒って
なにが起きたのだろうと
心配になって電話したが何回鳴らしても出なかった。
同時に
私の学校の先生でもあり、今後佐藤さんと共に仕事をしていきたいと佐藤さんが希望に満ちて話していた
現代美術家の高山登氏から
佐藤さんが
自死されたことを聞いた。
芸大院生のグループ展のさなかに
皆さんの作品を飾って有る部屋の天井て
自らが、首をつって大好きな作品と同じような形態で自殺された、、、、
これは
芸術家気質の男の人の
究極の最後なのではないだろうか。
自分死すらか作品になり
作品となって生をおえる、、、、
三浦春馬さんの自死を聞いたときに
なんとなく
アーティストとしての死に様を見せていただいたというか
自分の死すら作品にして
自分の生の証とするような、
なにか
アーティスト的なものを感じてしまった。
私にとって
この二人は同類だ。
別に生きてるだけでよかったのに。
佐藤洋一氏も三浦春馬氏も合掌です。







制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?








お友達の結婚の祝いの作品

新居祝いとかにいかがでしょうか?
64773114_2448205321925797_2924209448186544128_o.jpg


同じような絵はまだ4点ございます。
1 内在の土地A

PA280155のコピー3



2 内在の土地B
PA280157のコピー

3 内在の土地C

PA280156のコピー2


4 内在の土地D

PA280154.jpg



絵の大きさ30センチ正方形 50センチの白い立体フレーム付き  各70.000円



連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング






ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg



1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg



a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記












624533e3.jpg

先日作った冊子お分けしています。メッセージ等で問い合わせください。1200円送料込みです。





https://kiminocoe.com/">精度を極めたみちのこえさんの鑑定https://kiminocoe.com/




http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2018kawaguri.html




制作、仕事、家の事、、、、と日々時間に追われて生きている私ですが、忙しくなればなるほど時間が光の粒々のように感じられて、輝きだします、、、ぼんやりする一瞬も含めて一分一秒が濃密になって、輝きだすんです。
そういう状態を、私は光の粒の時間と名をつけました。
今年はどんな個展になるでしょうか。。。。。?








お友達の結婚の祝いの作品

新居祝いとかにいかがでしょうか?
64773114_2448205321925797_2924209448186544128_o.jpg


同じような絵はまだ4点ございます。
1 内在の土地A

PA280155のコピー3



2 内在の土地B
PA280157のコピー

3 内在の土地C

PA280156のコピー2


4 内在の土地D

PA280154.jpg



絵の大きさ30センチ正方形 50センチの白い立体フレーム付き  各70.000円



連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

シニアライフランキング

現代アートランキング






ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg



1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg



a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モンゴルの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記












624533e3.jpg

先日作った冊子お分けしています。メッセージ等で問い合わせください。1200円送料込みです。





https://kiminocoe.com/">精度を極めたみちのこえさんの鑑定https://kiminocoe.com/




http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2018kawaguri.html
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.