fc2ブログ
感想   虚無と孤独の画家  山本弘の芸術 2

感想   虚無と孤独の画家  山本弘の芸術 2

山本弘という作家、梅野記念館に来て、作品初めて拝見しました。

IMG_4726.jpg


398779912_6991434024269548_5797980577932885615_n.jpg



この方は館内の説明によると
若くしていろいろな美術運動参加した才能のある方だったが
戦前の価値観と戦後の価値観の大きな変化についていけず、
10代の頃から自殺を試みていたけど
結婚してから
お酒を浴びるように飲み、
脳血栓になって半身不髄となり、言語障害と
手足が不自由になった。
昭和50年に精神病院に入院したあと退院すると約2年断酒して
その2年の間に400点近い作品描きました。

398602429_6991434390936178_7158271903422351199_n.jpg


398075814_6991434307602853_7679732706702248861_n.jpg


398653909_6991433877602896_5295181227698040299_n.jpg



しかしそのあとは入退院を
繰り返し51歳で縊死しました。
没後11年に
針生一郎氏が強い関心を示してから
日本国内で
知られるようになりました。

IMG_4736.jpg


398629578_6991434154269535_7075663367090131844_n.jpg


IMG_4734.jpg


398563715_6991434650936152_1524547105345149944_n.jpg


398644321_6991434537602830_4176769823335840211_n.jpg


398644104_6991434184269532_5554381408258013308_n.jpg


398646950_6991434730936144_386172371292081162_n.jpg




作品はキレの良い抽象で、エスキースを何枚して頭に構図や色の配置を
完璧に組み立てからの
一気描きで、ものすごーーーーーく上手い絵描きさんです。
しかし、その達者な素描力も
まるで封印するかのように
酒の飲み過ぎで手足不自由になり、パレットナイフで描いたそうです。



アル中ですから
家族に暴力をふるったり物を燃やしたりそうですが
お子様には手をあげなかったそうです。
私は、絵を見ながら、才能ありながら何故そのよう荒廃した生き方になるのかな、とずっと考えてました。
館内の説明では
終戦の時の軍国主義から民主化に移行する戦中戦後に多感な10代を過ごし価値観が逆転した社会のなかで純粋な精神を傷られたのかこの頃自殺を試みるようになります、書いてります。
私は自殺、アル中という自分が弱虫の原因を、そんな
周りのせい、
時代のせいにしてはいけないと思います。



私の思う本物の芸術というのは、
どんなジャンルの芸術でも
自我を切っては捨て、心をいつも白紙にして、
粛々と追求していかなければ到達てきない世界です。
運慶のように完璧に宇宙と繋がっててそれを表現できる本物の芸術家もいますがそんな本物の芸術家は稀で
芸術を追求するその末端に席持つ身としては
例えかすり程度の接触でも制作していると
宇宙と繋がってる至福感があるものなのですが
この方のパイプは詰まったままで
これでは人間としてもアーティストとしてもキツかろうと思いました。
398649888_6991433854269565_5314340777312013127_n.jpg



天と繋がっている実感がもてないなら
それは苦しいから荒れるだろうな、、家族も不幸にするだろうな、、、
そのせいかこの方の絶筆は奥様の肖像画でした、、、
だから
なんだか見たあと、
お気の毒で少ししょんぼりしてしまいました。
それでも
死後このような
立派な美術館に収蔵
されて立派な展覧会がなされて
作家としては幸せなことと思います。

398634065_6991434850936132_7472715052785050422_n.jpg


IMG_4722.jpg


398643267_6988220007924283_4553641644564596525_n-1.jpg




2186587075105265015.jpeg

作品個々解説できた〜〜〜〜〜
やっぱり8時間くらいかかっちゃうなあ


今回残念ながら見に来れなかった方、会場はこんな感じです。

会場風景のyoutube  ⬅︎クリックしてください

iPadケース
ARTをザクザク日常にのコンセプトのもとに作ったARTグッズの一環のうちのひとつ。これなら満足してもらえるかな?


341870926_605574964782747_5071682715813007313_n.jpg
ご購入はこちらから

BASE







129073570_3709096212503362_5365161582279721161_o.jpg

ワクを打った人も打たない人も症状の緩和と予防のために わたしが調べた抗酸化作用の強い食品やサプリを載せていきます。


発酵食品、味噌醤油漬物納豆

海藻類も食べる。

免疫力のために乳酸菌を摂り腸内を整える。

軽い運動を続ける。

明るく楽しく過ごす。

亜鉛やビタミンDを摂る

5ーALAや5ーALAがたくさんはいってるひきわり納豆や甘酒、日本酒、ワインをいただく
5ーALAは新型コロナウイルスの増殖を100%阻害するとの研究結果が長崎大学から出ています。
論文:『5-amino levulinic acid inhibits SARS-CoV-2 infectionin vitro』


抗酸化作用の強い松葉茶、日本茶をマメにとる

コ00の特徴の血栓系の予防のために練り梅を食べる。練り梅にはムメフラールという成分がたくさんあります。
ムメフラールは血流を改善し血栓予防、動脈硬化などの生活習慣病の予防に役立つと考えられています。

ムメフナール
どうしてもなにか予防お薬を飲んだ方がよければイベルメクチン
を摂る。






これから随時他にも良さそうなものがあれば報告します。







連絡、お問い合わせはこちらから









応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

全般ランキング

現代アートランキング

クリエイティブライフランキング




ArtAnneRoseは浜田澄子という現代美術家です。




連絡、お問い合わせはこちらから








どれからもHPに飛びます。

















商品のお店

Artは好きだけど手が出ない、本物の絵は欲しいけどちょっとムツカシイ、、、そんな方のために気軽にartを楽しめるよう、作品を雑貨にしてみました。

クッション
<
8ede3ead86199f26a63a0b7ca0ef7d80163b05e1.jpg



1dcd6702bde159888d14c5a55eb9b7e05d4fc751.jpg



a80884151452e0be39a1c0be6af1e1966a5db97d.jpg

モロッコの青い街シャウエン。その幻想的な街をイメージした抽象画を、クッションにしてみました。

和紙をコラージュして作られた質感と色彩とリズム感が、たぐいまれな深みと快さを醸し出す原画のイメージを、そこなうことなく布に印刷することに成功いたしました。

一つ部屋にあるだけでも、本物の絵が持っている深さや豊かさを、クッションという生活用品で気軽に再現できることでしょう。

本物の絵は高くて買えないけれど、生活の中にArtを取り入れたい、綺麗なものに囲まれて暮らしたいと思う方には、まさにうってつけのクッションでしょう。

御購入はこちらから。
https://minne.com/items/10287655</span>">https://minne.com/items/10287655







ArtAnneRose  minne


Artをもっと身近に!のコンセプトから生まれましたネットショップ。
いままでデザインが良い
かわいい
というスマホケースはありましたが、オリジナルのアート作品をあたまに持ってきたものって、そんなになかったと思うのですね。

アート作品は本当に生活を潤わせます。ほんものならなおさらですけど、しょっちゅう使うものがアートっぽいのって
とても心を豊かにしてくれます。


絵画のお申し付けはこちらから
ArtAnneRose Shop

/a>




浜田澄子作品常設店
Art Mall




中和ギャラリー版浜田澄子ページ



絵だけ見られるページです。
tumler
お花日記










624533e3.jpg

先日作った冊子お分けしています。メッセージ等で問い合わせください。1200円送料込みです。



以前この方に西洋式占星術をお願いして、あまりの正確さ緻密さに度肝を抜かれました。

精度を極めたみちのこえさんの鑑定



わたしの鑑定を載せておきますので何か迷った時は調べてもらうのも1つの解決策かもしれません。









関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.