FC2ブログ
四角い宝石のいわれ

四角い宝石のいわれ

  • 0
  • 0
001 のコピー
初めて四角い宝石と言うタイトルでシリーズを始めたのは、2008年の渋谷の個展の時にこのお言葉を頂いてからでした。



渋谷ウイリアムモリスでの個展
http://hamadasumiko.justhpbs.jp/newbluedream.html </span>">http://hamadasumiko.justhpbs.jp/newbluedream.html





名文だと思います。




四角い宝石

浜田澄子の作品は財宝の中の「宝石」だった。

青と緑 の色の世界に迷い込み、その世界へ引き込まれてしまっ た。

彼女の作品は光を出しながら、何かを吸い込もうとする
力がある。

光に誘われ、気が付くと彼女の世界 に捕らわれてしまった感覚である。

彼女は大切な家族が逝き、精神的に混乱した時期が
あった。

『生きることは平坦ではなく何かを構え築くこ とではないかと思うのです。

物質感を構築するのは、あ る意味「生」がエネルギッシュで、手ごたえに満ちたもののような気がするからです』と言っている。

彼女の以前 の作品は画面の中に「彼岸と此岸」の世界がはっきりと二分されていたが、この作品は「此岸」の部分だけになっ た。

「金銀財宝は人の心を変える」との言葉。宝石はなかな か手に入らぬために貴重な財産であるが、光り輝き人の 魂も引きつけ、身に付けることによって人の心が変わ る。

ダイヤモンドやサファイヤなどが人を虜にするの は、輝く光と吸い込まれる光が同居しているからだと思 える。

この作品は掌に載る大きさだが、木製パネルに小さ な薄い和紙片を幾層も張り合わせ、側面にも施してい る。
その紙片は和紙にアクリルや墨でペイントしたもの や、モノタイププリントしたものを切っている。

「紙を 何層にも張り合わせ色を重ねることで、構築的で鉱物 質なテクスチャーを創る。


それが生きることに繋がるの ではないか」と言うように彼女はダイヤを磨き、カット 面を作るように張り重ねた。

紙でできているのだが、宝 石を散りばめた印象が残るのはそのためであろう。


この作品は私にとっては1つ1つの色が輝いている四角い宝石である。

そこには緻密に計算された構成があ り、ダイヤモンドの輝きのように気持を揺さぶる。

そし て内側に気力を充実させてくれる。彼女にとっては精一 杯「此岸」を描くことによって、逝った人との魂の触れあ う触媒になっているのではないだろうか。

この作品を首飾りなどにはできないが、見ることによ って生きることのエネルギーが出てくる。

宝石は自然の 力が生み出したが、「四角い宝石」は浜田澄子が生み出 した。

そこにある光は人を明日の世界に導く。


(モリス高橋)

この名文は、どれだけ自分を力付けてくれたかわかりません。感謝!







2012年個展SANSUI-大地への祈りー


http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2012cyuwa.html</span>">http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2012cyuwa.html


http://sokei-ob.com/archives/2012/120724_hamada.html</span> ">http://sokei-ob.com/archives/2012/120724_hamada.html






ご連絡、問い合わせはこちらまで。








どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。


 HOMEPAGE HOMEPAGE HOMEPAGE-



お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 美術ブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2

http://blog.with2.net/link.php?1283326imgs-51.fc2.com/a/r/t/artanne/banner.gif" target="_blank">banner.gif

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.