FC2ブログ
ArtAnneRoseの軌跡35  1991年個展 「ナワールへ」  

ArtAnneRoseの軌跡35 1991年個展 「ナワールへ」  

p50_20130317100307.jpg

1991年、年明けの湾岸戦争は2月27日をもって空爆が中止されるまで続きました。空爆は連日テレビで放映され、そのあまりの
圧倒的な破壊力が、映像では生活感の無いショーのように見えて物議を醸し出しました。油まみれの海鳥姿は現実をまざまざと見せてくれました。

戦争がリアルで起きている状況でなおさら、人間って何だろう、何でこんな事が起きるのか、本質というものは何かというところを、焦れるような怒りと悲しみの中で、探るしかありませんでした。
カルロス・カスタネダのドンファンシリーズという本があって、むさぼるように読んでいました。
その4巻 未知の次元 でナワールとトナールという言葉が出てきます。

ドンファンの本では、feel sow feel hear というか、内的な実感を記したものが多いのですが、それを言語中枢に還元するのは無理があります。たぶん内的な実感というものは、感じる、味わうものであって、言語化して、人に説明するものではないのでしょう。

その本の説明によると、トナールというのは例えて言うならばテーブルの上の秩序だと言います。ナワールというのはそのテーブルがある空間だと言います。

私達は自分だと思う自分の法則の中で生きている、しかし本来は無限の存在である。

言葉にすると薄く聞こえますが、もし地球上のイノチが繋がっているならば、戦争なんて起こせないと私は思っていました。

そしてそんな意識で作品を作ろうと決心したのです。

色は柔らかく。人のリズムや呼吸を大切に。 一つの世界(画面の中)で存在が平等に生き生きしてる。

今回のコンセプトはこんな感じでした。



1991年は長崎の雲仙・普賢岳で火砕流が発生したり、フィリピンでピナツボ山噴火があったり、地球レベルで大きな天地異変がありました。

年末にはソ連がロシアに変わる、大きい変化がありました。
街では「Santa Fe 」宮沢りえ写真集(撮影:篠山紀信)が話題になり、テレビでは武田鉄矢の101回目のプロポーズや、東京ラブストーリーが記憶されたでしょうか。

書籍は名作「血族」(佐藤愛子著)が発売された年でもありました。




IMG_0641_20130215140705.jpg

第1回「損保ジャパン美術賞」展 FACE2013  入選してます。
ご高覧頂ければ幸いです。



開催要項
 
会   期 2013年2月23日(土)-3月31日(日)
休 館 日 月曜日
開館時間 午前10時-午後6時(入館は午後5時30分まで)
観 覧 料 一般500円、大高生300円、中学生以下無料 ※20名以上の団体は各100円引き
主催    損保ジャパン東郷青児美術館、読売新聞社
協賛     損保ジャパン



http://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index3.html</span>">http://www.sompo-japan.co.jp/museum/exevit/index3.html



2012年個展SANSUI-大地への祈りー


http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2012cyuwa.html</span>">http://hamadasumiko.justhpbs.jp/2012cyuwa.html


http://sokei-ob.com/archives/2012/120724_hamada.html</span> ">http://sokei-ob.com/archives/2012/120724_hamada.html






ご連絡、問い合わせはこちらまで。








どこからでもホームページにいけます。ご高覧くださいませ。


 HOMEPAGE HOMEPAGE HOMEPAGE-



お好きなのをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ  にほんブログ村 美術ブログへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2

http://blog.with2.net/link.php?1283326imgs-51.fc2.com/a/r/t/artanne/banner.gif" target="_blank">banner.gif

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.